Top >  FXの脱税事例 >  家族でFX。2億5千万円の脱税

家族でFX。2億5千万円の脱税

家族ぐるみで、約2億5千万円の脱税をした一家が出ました。

3年間の間に、約7億円を稼いだのですが、

税務署には、所得90万円と申告していたようです。


以下、記事詳細。
_____________________________________________

FX7億2600万所得隠し 西宮市元職員と両親
配信元:産経新聞 07/25

_____________________________________________

■追徴3億3000万

 兵庫県西宮市の元職員の女性(33)と両親の3人が平成15~17年の3年間で、外国為替証拠金取引(FX)で得た所得計7億2600万円を隠し、約2億5000万円を脱税していたとして、大阪国税局が大阪地検に所得税法違反罪で告発していたことが24日、わかった。3人はいずれも容疑を認め、修正申告を済ませたもようだ。重加算税を含めた追徴税額は3億3000万円に上るとみられる。
 関係者によると、元職員ら3人は14年末ごろから、東京に本店がある商品先物取引会社を通じてFXを開始。父親(63)は15年に約5700万円の利益をあげたが、税務署には雑所得などを合わせた所得は約90万円と申告していた。
 16年には父親が6000万円、二女の元職員は4400万円以上の利益を得ていたが、ほとんど申告していなかったという。

 さらに17年に入ってから、3人は複数の業者にもFXの口座を開設し、取引を拡大。父親が1億6000万円以上、母親(63)が2億2400万円、元職員が1億7700万円をもうけたが、それぞれ所得額を280万~560万円とする虚偽申告を行い、脱税。
 父親は西宮市内で酒店を経営していたが、FXを始めてまもなく廃業。二女の元職員は西宮市に勤務していたが、大阪国税局の告発を受けた直後の5月末に「個人的な理由」で退職している。優秀な職員で4月に新しい部署に変わったばかりだったという。
_____________________________________________


 追徴課税で3億3千万円

所得隠しがばれると、追徴課税を払う必要が出てきます。

今回のケースでは、2億5千万円の納税だったはずが、

追徴課税で3億3千万円の金額を納めたようです。


8千万円の上乗せですから、稼いだ金額を全て散財していた場合、

大変なことになっていたかもしれません。

やはり脱税は、危険な行動ですね。


 [素朴な疑問]

FXは、誰でも数億円稼げるのか?

         

FXの脱税事例

関連エントリー

4億円脱税の主婦 89歳男性がFXで3億脱税 家族でFX。2億5千万円の脱税 個人投資家 3億4千万円の脱税 1億円の脱税をした元校長 元会社員。FXで2億7千万円脱税 FXで数千万円を脱税した医師


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
免責事項
当サイトで紹介している情報は、万全を期しておりますが、当サイトの文書内容に基づいて行動した結果、損害が発生したとしても、一切責任は負えません。あらかじめご了承願います。