Top >  FXの脱税事例 >  元会社員。FXで2億7千万円脱税

元会社員。FXで2億7千万円脱税

FXなどで稼ぎ、2億7千万円の脱税をした元会社員が逮捕されました。

約7億6千万円の所得隠しをするために、

海外にペーパーカンパニーを作り、本格的な脱税をしたようですね。


以下、記事詳細。
_____________________________________________

FX、また脱税容疑 2億7千万円、元会社員を逮捕
2007年05月09日17時38分 【朝日新聞】

_____________________________________________

 外国為替証拠金取引(FX)などの財テクでもうけた約7億6000万円を申告せず、約2億7000万円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日午前、東京都豊島区の元会社員、小玉昭彦容疑者(64)を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕し、自宅などを捜索した。海外金融機関を通じてFX取引などを行う個人投資家が増加する中で、小玉容疑者は海外のタックスヘイブン(租税回避地)に設立したペーパー会社名義の口座などに運用益を隠していたという。

 調べによると、小玉容疑者は、04年にシンガポールの大手銀行に自分名義の口座を開設。同時に租税回避地の英領バージン諸島に設立したペーパー会社名義の口座を開設した。それぞれの口座に、同年に死去した父親から相続した遺産の現金を送金し、銀行の子会社でFXや原油先物取引などをしていた。

 05年と04年の2年間で自分名義で約2億7000万円、ペーパー会社名義で約5億円の運用益を得ていたが、申告せずに所得税約2億7000万円を脱税した疑いが持たれている。利益の一部は、未公開株の購入代金などにあてていた。小玉容疑者は調べに「会社名義の利益は自分のものではない」と主張しているという。

 FXをめぐっては、今年4月、東京都世田谷区の主婦が約1億4000万円を脱税したとして、特捜部が所得税法違反の罪で在宅起訴。多額の利益を得ながら税務申告をしないケースが増えていることが表面化している。
_____________________________________________


 タックスヘイブンで脱税

1998年4月の外為法の改正によって、

一般の個人投資家でも、外貨を動かせるようになったことで、

日本の金融事情も変化したようですね。


税制特区(タックスヘイブン)を利用した脱税は、

昔からずっと続いてきました。ですが、

ついにFXで稼いだ人間も、やるようになったようです。


税務署も本格的に調査したようですし、

世間での、FXの認知度が上がってきた証拠だと思われます。


 [素朴な疑問]

FXは、誰でも数億円稼げるのか?

         

FXの脱税事例

関連エントリー

4億円脱税の主婦 89歳男性がFXで3億脱税 家族でFX。2億5千万円の脱税 個人投資家 3億4千万円の脱税 1億円の脱税をした元校長 元会社員。FXで2億7千万円脱税 FXで数千万円を脱税した医師


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
免責事項
当サイトで紹介している情報は、万全を期しておりますが、当サイトの文書内容に基づいて行動した結果、損害が発生したとしても、一切責任は負えません。あらかじめご了承願います。